プリンターのインクの互換

プリンターのインクには互換と言うものがあります。これはお互いタイプの違うものだった場合は使用することができないということです。同じタイプのプリンターとインクならば使うことができるのですが、タイプの違う場合ははめることができないので、使うことができません。これらはプリンターなどを使う事に慣れてない人にありがちなミスで、購入の際には1番気をつけなければならない点です。間違わないように注意するにはお店に行くときにはプリンターの型をメモしていくことです。またそれらもわからないと言う場合はプリンターの写真を店員に見せることによって販売してくれると言う店も多くあります。また今ではインクを補充するタイプのものも出ているので、型を気にせず買うことができます。機械に弱いという方はそれらの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

高い純正品よりお買い得な互換インク

家庭用パソコンとともにプリンターを購入する方は多いですが、プリンターは意外と安く売られています。安いものなら1万円以下、2~3万円も出せばかなり高機能なモデルを手にすることができます。プリンターが安い一方でインクは意外と高いという印象を持つ人は多いでしょう。1セット5千円で買えないものもあります。頻繁に印刷する人でなくてもこれは大きな負担です。純正品が高くて買えないという人にとってうれしいのは、印刷品質は純正品と変わらないと言われる互換カートリッジがあることです。互換カートリッジを使うと故障するリスクがあると言われますが、すぐ壊れることはまずありません。それにプリンターは5年使えば寿命とも言われます。つまりプリンターを長持ちさせる目的で高い純正品を使ってもそれは5年しか持たないということです。プリンターが壊れたら買い替えるという割り切った考え方をしても間違いではありません。

純正品より互換インクを選ぶ理由

プリンターは家電量販店などでかなり安く購入することができます。またプリンターの買い替えサイクルは約5年で、早い人だと3年程度です。プリンターも他の家電製品同様に毎年新製品が発売され、しかも機能は良くなっていきます。しかし高機能化されても販売価格は高くはなりません。プリンターは消耗品であるインクで利益をあげようとするビジネスモデルが成り立っています。ですからハードであるプリンターの利益は二の次で、いかに消耗品を買ってもらうかが重要と言えます。最近の互換インクは純正品と遜色ない品質になってきています。ましてや使ったらすぐプリンターが使い物にならなくなるということもありません。プリンターの買い替えは約5年が目安です。壊れるのを恐れて高い純正品を購入するという考え方は果たして正しいと言えるでしょうか。